ひろゆき氏がお金を稼げたワケ「波に乗ったから」|なまけもの時間術

20200507-hiroyuki-okaneひろゆき
ひろゆき氏がお金を稼げたワケ「波に乗ったから」|なまけもの時間術

こんにちは!実業家ドットコムです!
今回、紹介するのは以下のニュースです

ひろゆき「人生、努力ではどうにもなりません」「できない自分」を前提に生きたほうがいい

  • 記事は元2ちゃんねる管理人のひろゆき氏の新刊『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』の一部を紹介
  • 同著には「時間をかけずに成果を出す」やり方が書かれており、ひろゆき氏は「努力は報われるって本当なんですかね」と提言
  • 「いかに勝てる波に乗れるかどうか」が重要と語るひろゆき氏、個人の優秀さや努力については二の次とも話している

記事では、ひろゆきさんの「(重要なのは)いかに勝てる波に乗れるか」という持論が取り上げられています。

では、「勝てる波」とは具体的にどのようなものなのでしょうか?
またどのように探せばよいのでしょうか?

実業家ドットコムがリサーチをしてみます!

「勝てる波」は環境が変わった時にやってくる

ひろゆきさんは「勝てる波」の例について以下のように語っています。

僕が現在、たくさんお金を稼げているのは、僕という個人が優秀で努力家だからではなくて、1つ大きな要因として、ITという波に乗ったからにすぎない

これは、一つの例として、時代の流れやトレンドを示唆していると考えられます。

例えば、現在、世界では新型コロナウィルスが猛威を振るっており、人同士の接触を最低限に減らすため「3密」や「ソーシャルディスタンス」といった方針が推進されています。

このような環境の変化に対応すべく、社会では

  • 企業のリモートワークの推進
  • オンラインでの学校の授業の実施
  • デリバリーサービスの普及

といったさまざまな施策やサービスが普及しています。

コロナ渦で話題になった「Zoom」

前述のような社会の変化で、いちはやく話題になったのがビデオ会議サービス”Zoom”

同サービスを手がける米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ社の売上高は、2020年3月4日時点で前年同期比約78%増となっており、今もなお伸び続けているそうです。

IT、そしてZoom(密を避ける環境)の事例からもわかるように、ひろゆき氏のいう「勝てる波」というのは、大きな環境の変化に現れやすいといえますね。

まとめ

ビジネスマンにとって、努力をしないということは一見合理的ではないようにみえます。

しかし、時代の変化が急速な中、「勝てる波」を見つけることで効率良く成果を出すという考えは持っておいてもいいかもしれませんね。

ひろゆき氏はTwitterでも多くの持論を展開していたり、数々の書籍も出しているので、是非参考にしてみてください。

参考記事:
https://toyokeizai.net/articles/-/343981?page=3
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO58995820S0A510C2XY0000/
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/07234/

月額980円でホリエモン、高城剛らの本が読み放題!

初月無料の体験期間付き、Amazonが提供する月額980円で本読み放題のサービスKindle Unlimited!

詳細はこちらからチェック↓

アマゾンの本読み放題サービス Kindle Unlimitedを徹底解説


ほかの書籍を調べるならこちら

ひろゆき
jitsugyokaをフォローする
実業家ドットコム
タイトルとURLをコピーしました